FC2ブログ

「みっけ隊」隊員日記

「ちょっといいもの」みぃ~つけた!

Entries

新年度ですね。

新年度が始まる4月1日。
今日は朝から新入社員の話でもなく、進学進級の話でもなく「新元号」の話題でしたねぇ〜〜。
「令和」
昭和、平成、この先1ヶ月我が身に何事もなければ三つ目の時代を生きることになる管理人です。
「昭和」がめっちゃ遠くなった気がします。ヾ(´▽`;)ゝ
いずれにしても、おめでたい節目がいっぱいの春ですね。(⌒-⌒)

そんな新元号決定のニュースが流れた同じ時間。
パソコンに新しい詐欺メールが着信しました。
「Amazon」を名乗った、なかなか巧妙な詐欺メール。
注意喚起のためUPします。

パッと見た感じでは、本当にAmazonからのメールかと思ってしまいます。
送信者アドレスは「amazon.co.jp」だし。
ネットで検索すると、確かに本当にアカウント設定が必要だった人もチラホラ。
よく見かける怪しい日本語詐欺メールでもなく、見分けるのがなかなか難しくなってます。

管理人の場合、今回送られて来たメールが「詐欺メール」だと言うことはすぐにわかりました。
Amazonに登録したことのないメールアカウントに送られて来ていたので。v( ̄ー ̄)v
たまたま、詐欺メール決定な理由があったんだけど、他にも見分けるポイントが有るのでUPしておきます。


詐欺メール Amazon1 
宛先名はAmazonは個人名を記載してきます。
今回は、Amazonが知るはずもないアドレスが記載されていました。
詐欺メールでは「お客様」等と個人名では無いことが多いです。

「どうぞよろしくお願いいたします」などとは書かないであろう・・・きっと。
(どうぞ・・・って、アカウント更新しないと利用できなくなるのにニュアンスが微妙?)

詐欺メールAmazon2 
送信者アドレスが「amazon.co.jp」なのに。

メールヘッダーを開くと「リターン・パス」が全く違うアドレス。
(これ、重要です!)

「メールヘッダー」
と言うのは、手紙で言う「封筒」の役割です。
宛名」「送り主」「住所」などが書かれています。
これが無いと手紙が送れません。ね♪(* ̄  ̄)b
(ヘッダーはメールソフトによって開き方が違います)

メールヘッダーを開くと、その中に「Return-Path」と言う項目があります。
「リターン・パス」と言うのは、メール送信しても何らかのエラー(送信先のアドレスが間違っているとか)で差出人に送り返される場合の情報なので、「送信者アドレス」が「リターン・パス」となります。
ここが明らかに違った場合、怪しいメールっていうことになります。
④の青い丸で囲った部分に「amazon.co.jp」が無いので、思いっきり怪しいメールです!
試しに、友達から来たメールのメールヘッダーを開いて見てください。
「リターン・パス」の後ろには友達のアドレスが記載されているはずです。
(@`▽´@)/(それで正常)



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

管理人001号

Author:管理人001号
「みっけ隊」隊員2号がブログ管理人をしております。

ようおこしやす

最新記事