プロフィール

管理人001号

Author:管理人001号
「みっけ隊」隊員2号がブログ管理人をしております。


ようおこしやす


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山中町「御弓行事」

1月12日日曜日
山中町では、伝統行事「弓射式」が樹下神社にて執り行われました。
年頭にあたって、悪霊の鎮魂と人々の安全を祈願する行事です。
(大津市の「無形民俗文化財」に指定されています)
image.jpeg
この5年ばかりは、弓射者となる若者が居ないため見送られていましたが、今年はお二人の若者と氏子の方々の協力の下「復活」することが出来ました。
(成人を迎える頃の若者二人が弓射者となるようです)
若者二人の、弓や所作法の練習は2ヶ月前から始まっております。



「山中自治会館」での「出陣式」
弓1

山中自治会館階段にて「御弓仲間」に囲まれ凛々しく出陣。

弓2

神職を先頭に、樹下神社まで「お練り」で顔見せ。
弓3

樹下神社寝殿にてお祓いと参拝。
弓4

樹下神社馬場に設えた的場にて古式作法に則って弓射の儀式を執り行う二人。
「赤弓 礒谷隼也氏」「黒弓 秋岡太紋氏」
弓8

「鬼」に見立てられた30メートル先の的に向かって「破魔矢」を射る。
弓9

一人6本の矢を持ち、それぞれ2本の矢を2射ずつ的に向かって矢を放つ。
3射目の2本目は天に向かって矢を射る。

弓10

赤と黒の弓を来年の弓射者に引き継ぎ神事は終了。

弓7

「大蛇」に見立てられた大縄で綱引きをする子ども達。
(的に射られた矢と共に、綱引きの結果で1年の吉凶を占う習わしのようです)

弓6

神事が無事執り行われた後は、樹下神社境内にて
「大根炊き」で冷えた身体を温めます。
(もちろん大根は山中町の畑直送!(๑˃̵ᴗ˂̵)و )
御弓仲間として「師匠」を努められた佐敷靖夫氏と一段落で和む主役の二人。
大役お務めお疲れ様でした。(*´∇`)ノ(やっと緊張がとれて笑顔ですねぇ〜〜)

弓5
スポンサーサイト
 | ホーム |  » page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。