プロフィール

管理人001号

Author:管理人001号
「みっけ隊」隊員2号がブログ管理人をしております。


ようおこしやす


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

一段落〜〜。

一ヶ月も更新できていなかったのですねぇ〜〜。
スポンサーサイトが、賑やかにトップを飾っておりました。
(記事をUPすると消えちゃうんですけど。ヾ(´▽`;)ゝ)
やっと抱えていた作業が一段落したので、防災訓練の写真をUPしようと思ったら、防災訓練・・・5月のイベントだったのですねぇ〜〜。
あの頃から睡眠時間を削るような作業が続いていたのかと思うとちょっと愕然。
・・・・・Σ( ̄⊥ ̄lll)・・・・・
例年通りに、5月・6月は忙しい日々が続きます。ε- (´ー`*) フッ
と、だらだら個人的なお話ですいません。
せっかくですので、防災訓練の様子を写真にてUPいたします。ヽ( ´ ▽ ` )ノ



5月28日日曜日。
山中比叡平学区自治連合会・学区自主防災会による「防災訓練」
今年度は、比叡平小学校の校庭で、各町内に別れて「災害時の防災機材の取り扱い」の訓練です。
消火器・消火栓にホースを繋ぐ・ホースを抱えて放水の実践・簡易トイレの組み立て・チェーンソーの使い方 等々。
消火器などは、一回は手に持って消化手順を感覚的に覚えていた方が良いですよ。
一回でも実践していると、ピンを抜くタイミングとか、いざという時に蘇ると思います。

ポンプで組み上げたプールの水を放水。
防災訓練21 防災訓練3 

訓練用の消火器で消火の練習。(中身が消火剤ではなくて水)

防災訓練28 防災訓練1 

簡易トイレの組み立て。(トイレは必要〜〜〜〜)

防災訓練33 防災訓練29 

消火栓開閉からホースを繋いで火元へ!
でも、ホースは重そうですねぇ。
ここに水が通って放水されたら、女性や高齢者では制御できないかもです。
(。´・ω・)

防災訓練15 防災訓練14

テントの下では「応急手当て」心肺蘇生の手順講座。
防災訓練26 防災訓練4 

チェーンソーや投光器など、防災機材の操作を教えていただきました。
防災訓練16 防災訓練17

投光器の発動機は、なんと「卓上ガスコンロ」のガスボンベ!!
これはとてもお手軽で便利そうです。

防災訓練19
 防災訓練18 

こちらは、「ドローン」のお披露目。
ハイテクノロジーの結集ですねぇ〜〜。
上空から被害状況を確認できるというメリットは大きいです!!!

防災訓練11 防災訓練9 

機材がいくら揃っていても、それをいざという時に使い方がわからない〜〜という事にならないように。
「防災訓練時」
は、ぜひ沢山の方々に「手にとって」操作手順だけではなく、機材の重みとか作動状況を確認していただきたいと思います。
消火ホースなんて、延ばして運ぶだけでも大変そうです。!(・。・)b
消防士さん達は簡単に、コロコロっと火元に向けて転がしますけど、なかなかまっすぐには延びてくれないもんです。(ᅙωᅙ)
心肺蘇生の、手の置く場所・押すタイミングなどは、災害だけではなく身近に起きる事故でも必要となってくる知識です。
「AED」の操作は、何度見てもいざという時に使える自信が無いですけど・・・。(〃´・ω・`)ゞ 



災害時「避難」をして「命を守る」事が大事!
ですが、次の段階で「動ける人」達が協力しあって「生きていく」事も大事です。
「生きていく」ために「命を守る」ために、準備や手順を防災訓練で沢山の方々に覚えていてほしいと思います。d(^-^)ネ!

年度末。

やっと日差しが春っぽくなってきたと思ったら、花粉がすでに舞い降りてきております。
くしゃみ、鼻水、目のかゆみ。
この頃は良い薬が出ていますが、スッキリとはしないです。
ゴールデンウイークまではこの状態かと思うと、太陽の明るさもちょっと恨めしい管理人です。。゚(゚´Д`゚)゚。

今日から三月。
年度末ですねぇ〜〜。
自治会活動では、決算や引き継ぎ、総会の季節です。
卒園、卒業を迎えて、さらに進学、進級、入社、お引越し・・・新しい季節への第一歩が始まる季節でもありますよねぇ。
花粉症を忘れられるくらい、明るい春でありますように!と願っております。

御多分に洩れず、管理人はただいま決算報告書作りに日々出納帳とにらめっこしております。

寒波。

のんびりと穏やかなお正月を過ごせたと思ったら、大寒波のおかげで、日本列島はすっぽり雪景色となりました。
例年ならば降雪があっても積雪までいかないような地域でも、雪国のごとく真っ白に積もっている様子です。
比叡平も、久々にどっさりと積もりましたね。
わずか二日間で。

庭のベンチが、ふわふわ〜な感じで、見た目は気持ち良さげです。
IMG_4375.jpg 
お昼を回って晴れ間が出たから溶け出すかと思ったら、なかなか日陰は凍結しているし、あっという間に雪雲に覆われてしまうし。
今日も1日雪模様ですねぇ〜。
道路の雪は一週間くらいは残りますかね。
外出時は足元注意!!!
車での移動は、慎重に慎重を重ねて、向こうから滑って来る車が有るやも?と自分の運転以外にも注意を払わなければいけないですね。
よっぽど緊急の事が無いようだったら、こんな日はゆっくり炬燵に潜り込んでいるのが得策では無いでしょうか?

車に積もった雪を降ろして、道路の雪かきをしていたら、どこのお兄様でしょうか?
除雪車がやってきて、雪の塊を運んでいってくださいました。
IMG_4378.jpg 
この団地に来て(もう30年)除雪車が家の前を通るなんて初めてのことでした。
(たまたま見たことがなかっただけ?)
毎年、雪かきはスコップでザックザック汗かきながらやっていたのですが。
今回も、スコップでザックザックやっていたら、ゴゴゴゴゴと雪を掻きながら小型重機がやって来ました。
o(^▽^)o
どこのどなた様だったのか全くわからないままお世話になっちゃいました。
感謝感謝でございます。

管理人の田舎は豪雪地帯なので、一家に一台「除雪機」もしくは「除雪車」もしくは「重機(ブルドーザー)」が当たり前なのですが、さすがに比叡平の団地内で小型であっても「除雪機」にお世話になるなんて思いもしなくて。
風邪で体調崩していたところの雪かき作業だったので、とても助かりました。


年越し前に。

もうすぐ2016年が終わりますね。
良いことも悪いこともひっくるめて、この1年の歩み。
来る新しい年の糧にしていきましょう。

慌ただしい年の瀬のちょっと前に、先日我が家にやってきた「詐欺電話」の内容をUPします。
同じようなお電話を取られたら「詐欺」ですから、ご注意ください!

「保健課の〜〜ですが、先月に差額医療費についての書面を送らせていただきましたが、ご確認いただけましたでしょうか?」
と話は始まります。
実際には、そのような封書は出されてもいませんし、届いてもいません。
心当たりが無いと答えると、電話の相手は「黄緑色のA4版の封筒です」と返してきました。
全く心当たりがない・・・。(←当然ですが)
封書の中身は「昨年度の医療費を多く支払われておりましたので、返金があります。その手続きのためのご案内の書面です」
話の内容は、いかにもどの家庭にでもあり得そうな「差額医療費還付金」です。
少しでもお金が返って来るのなら!と言う、心の隅っこを突いて来る「詐欺」ですね。
実際、家族の一人や二人は医療機関に受診されているものですから(あ〜そうなのか)って思わせてしまいます。

届いているはずもない「ご案内」を、さもこちら側が見落としていたかのように「そのご案内書の中に、記入して返送していただく書類があり、そちらの書類が届いてから手続きを開始することになっていたのですが」
と、話は続きます。
「それでは、封書を確認しましたら、返送します」と答えると、「すでに書類での受付期間が過ぎており、担当部署も保健課から地域福祉センターに切り替わっておりますので、センター窓口での手続きになります」

ここいら辺までは、なんとか本当にありそうなお話し。
大事な書類が返送されていないから、早くしてね!的な。

いよいよ詐欺の手口開始。

「地域福祉センター窓口での受け付けですが、携帯電話をお持ちでしたら、本日中でしたらお電話での手続きが可能となっております!」
(いかにも、偶然!たまたま!超ラッキー!!わざわざセンターまで行かなくっても良いんですよってくらいに言い切ります)
「電話番号は 050−3822−2575 です。整理番号が 998642 ですので、電話受け付けでこちらの整理番号をお伝えくだされば手続きができます」
と話が続き、さらに今伝えた電話番号と整理番号を復唱させると言う念の入りよう。
ここまで来ると、かなり怪しいオーラ満載なので、携帯電話は自分は持っていない(大嘘ですが)ので、家族に連絡してみますと答えると電話での受け付けは本日中なので、電話窓口が立て込んでおりますので、固定電話でも大丈夫だから、この電話を切りましたら直ぐにセンターへ電話してお手続きしてください」
と、かなり忙しない感じで「直ぐに!」を繰り返して電話は終わりました。
d( ̄  ̄)
平日の、昼時に固定電話に出られるような人は高齢者だと思われているのでしょうか?
大事な書類を見落としていた?
すでに手続き期間が過ぎているけど、今日中だったら電話で受付が可能と親切に教えてもらった。
見覚えのない封筒を探して、なんとかセンターまで足を運ぶくらいなら?
これは、うっかり電話かけちゃいますねぇ〜〜〜。

ダメですよ! (。-`ω´-)
「050」で始まる電話番号は、IP電話ですよね。
大体が、音声ガイダンスでアンケートを進めていくようなアレです。
公的機関がIP電話で受け付けするとは思えません。
音声ガイダンスで進んでいるうちに、「ご入金先の口座番号を入力してください」って言うアナウンスがほぼ100%流れますね。

この頃、固定電話が鳴って受話器を取り上げた瞬間に切れてしまうと言う電話体験ありませんか?
間違い電話でも、空き巣に入るための留守確認電話でも無いようです。
まんまと個人リストを手にした怪しい方々の「生きている電話番号確認」だそうです。
電話にかかかわらず、ちょっといつもと違う内容のお話しが降って湧いたらすぐにアクションに移さないで、家族やお友達、ネット検索と思いつくまま情報を集めてからにしましょう。
この世の中、そんなに慌てて急いで何かをしなければいけないほど切羽詰まってないはずです。
とりあえずみんなの意見を聞いてから動き出しても全然大丈夫!
「すぐに!」動かなければいけない時というのは、話が向こうからやって来る時ではなくて、自分が何かに出くわしてしまった時くらいです。
不慮の事故に遭遇、財布を落とした、キャッシュカードを無くしたとか、倒れている人を見つけてしまったとか・・・。

こんな時は「すぐに!」連絡とって対処していきましょう。

「日本画体験教室」

6月9日火曜日
「木下美術館」にて開催されました「うちわで日本画体験教室」
木下美術館主催の日本画体験教室ですが、学区文化協会が推進している「文化活動サポーター」活動の一環として、文化協会も協賛しております。
うちわ5 うちわ4 
文化協会会長、木下美術館藤原館長、講師を務めて頂いた小林先生(絵画教室の講師でもあります)の挨拶の後、思い思いの図案でうちわ制作。
うちわ 3 うちわ 1 
うちわ 2 うちわ6  
今回は、金銀の箔を使って豪華なうちわの制作です。
講師の小林先生が、これでもか!っていうほど箔を貼り付けたり振りかけたり。"(@´▽`@)ノ"
参加者の皆さん、うちわ制作とても楽しんで頂けたようです。

弁当 うちわ7
ランチタイムは、藤原館長さんが緋もうせんを広げて頂き、さながら花見弁当の感で、美術館の芸術品に囲まれて美味しく頂きました。(@⌒ο⌒@)
うちわ9 うちわ10 
仕上がった「琳派」を彷彿とさせる豪華絢爛(?)な「うちわ」は、今年度の文化祭に展示させて頂いた後参加者様にそれぞれ返却させて頂くこととなります。
この夏には、せっかくのうちわですが使えない・・・と言うことで、申し訳無いですが来年の夏には思う存分「金銀」をきらめかせながら涼んで頂きたいと思います。ヾ(´▽`;)ゝエヘヘ
 | ホーム |  » page top